不動産を相続したときの税金の種類と対策をご紹介

2023-01-12

不動産を相続したときの税金の種類と対策をご紹介

不動産を相続するといろいろな税金がかかります。
かかる税金の種類や金額を知っておかないと、税金が支払えない事態になりかねません。
そこで記事では、相続で生じる税金の種類や計算方法、節税対策について解説します。
不動産を相続する予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を相続するときに発生する税金の種類

不動産を相続するときに発生する税金の種類は2つあります。
1つ目は相続財産が一定の額を超えた場合に課税される相続税です。
不動産だけでなく、現金や株式なども課税対象になります。
相続税は相続の開始から10か月以内に現金で一括納付しなければなりません。
ただし、税額が1,000万円未満の場合はクレジットカードでの支払いも可能です。
2つ目は不動産の名義変更のための登記の際にかかる登録免許税です。
現金で納付する必要がありますが、税額が3万円以下の場合は収入印紙で納付できます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産相続の際に発生する税金の計算法

遺産相続時にかかる税金である相続税は、相続財産の合計が「基礎控除額」を超えた場合に発生します。
基礎控除額の計算式は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」です。
たとえば、法定相続人が4人であれば、3,000万円+600万円×4人=5,400万円になります。
さらに、相続財産から借り入れ金と未払い金、基礎控除額を差し引いた課税遺産総額を計算し、法定相続分の割合で分割します。
分割した金額に相続税の税率をかければ相続税額が算出可能です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を相続するときの税金対策

不動産を購入するために資金の生前贈与があった場合に、1,310万円まで非課税になる住宅資金贈与制度が利用できます。
生前贈与の節税対策になるので、生前贈与する場合は利用を検討してみましょう。
また、同じく贈与税の対策として配偶者贈与制度も利用できます。
配偶者に対して贈与が実施された場合、最大2,000万円まで非課税になる制度です。
住宅資金贈与制度よりも非課税額が大きいため、配偶者に贈与するなら配偶者贈与制度を利用しましょう。
ほかに、遺産相続から10年以内に再度相続が発生した場合、相次相続控除が利用できます。
ただし、1回目の相続時に相続税を納めておく必要があるので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続した際には相続税や登録免許税を支払う必要があり、計算方法を理解しておきましょう。
相続時の節税対策としては、配偶者贈与制度や配偶者贈与制度、相次相続控除などが利用できます。
相続時の税金で慌てることのないよう、しっかり覚えておきましょう。
私たちサポートホームでは、北広島市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ