不動産売却における媒介契約とは?各媒介契約のメリットや注意点もご紹介

2023-01-10

不動産売却における媒介契約とは?各媒介契約のメリットや注意点もご紹介

不動産売却を検討している方のなかには、「どの媒介契約にすれば良いのかわからない」という方も少なくありません。
不動産会社と結ぶ媒介契約には3つの種類があり、それぞれ特徴が異なるためです。
ここでは、媒介契約とはどういったものなのか、各媒介契約のメリット・デメリット、注意点について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の媒介契約とは?

媒介契約とは、不動産会社に売却活動をおこなってもらう際に報酬などの詳しい条件を決める契約のことです。
不動産会社との関係を明確し、仲介に関するトラブルを防ぐ目的があります。
媒介契約には以下の3つの種類があります。

  • 複数の会社と契約が可能な「一般媒介契約」
  • 契約が1社のみで自分で買い手を見つけて売却もできる「専任媒介契約」
  • 契約が1社のみで仲介が必要不可欠な「専属専任媒介契約」

この3つの媒介契約のなかから、状況に合った契約を選んで結ぶことになります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の各媒介契約のメリット・デメリット

媒介契約の種類によって販売活動と報告頻度が異なります。
一般媒介契約はほかの契約と違い、複数の不動産会社に仲介してもらえますが、不動産会社によっては積極的に販売活動をしてくれない可能性もあります。
また、不動産会社は販売状況を売主に報告する義務がなく、この点も販売の手を抜かれる原因のひとつです。
一方で、専任媒介契約・専属専任媒介契約は、契約できるのは1社のみで報告の義務もあります。
1社のみとの契約になるため、不動産会社も熱量を持って販売活動をおこなってくれる可能性があります。
ただし、任せた1社の不動産会社の力量で売却の成否が左右されることになり、慎重に不動産会社を選ぶことが重要です。
売却を成功させるためにも、媒介契約の違いはよく理解しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の媒介契約を交わす際の注意点

一般媒介契約を交わす際は、内見が不動産会社間で重ならないように気をつける必要があります。
また、各社から出す物件の広告に記載する情報を統一する必要もあります。
たとえば、会社ごとに物件の販売価格が違っていたのでは、買い手も混乱してしまうでしょう。
このように一般媒介契約は複数社とやりとりをするため、スケジュール管理など面倒なことも少なくありません。
一方で、専任媒介契約・専属専任媒介契約は、1社のみとのやりとりで済むためかかる手間も少なく、どの契約が良いか迷った場合にもおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

媒介契約の選び方次第で不動産売却は大きく変わります。
各媒介契約の特徴を理解しご紹介した注意点も踏まえ、自身に最適な契約を選択することが重要です。
迷う場合には、一般媒介契約よりも専任媒介契約・専属専任媒介契約がおすすめです。
私たちサポートホームでは、北広島市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ