別荘の売却が居住用不動産よりも不利な理由とは?

別荘の売却が居住用不動産よりも不利な理由とは?

多くの方にとって、別荘を持つことは夢のひとつと言えるでしょう。
しかし、実際に別荘を所有してみると、維持費がかかる、あまり使わないなど、売却したいと考える方も少なくありません。
そこで注意したいのが、別荘の売却は居住用不動産とは違うということです。
そこで今回は、別荘の売却について、税制の違いなどを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

別荘と居住用不動産の売却における税制の違い

別荘と居住用不動産売却の大きな違いは税制です。
居住用不動産を売却して利益が出た場合、特別控除が適用されます。
しかし、別荘の売却の場合、特別控除が適用されません。
また、居住用不動産の売却で損失が出た場合、給与や事業所得との損益通算が可能で、納税した所得税の一部が還付されますが、別荘は損益通算ができません。
別荘を売却する場合、費用・税制面について、不動産会社や税理士に相談すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

別荘が売却しにくい理由とは?

別荘は以下の理由で売却しにくいです。

古くて修繕が必要

別荘が多く建てられたのは1970年代から80年代と古い物件が多いです。
しかも、家は使わないと劣化が激しいため、普段あまり使われない別荘は居住用不動産より老朽化します。
そのため、購入しても修繕する必要があるので、売れにくいのです。

立地条件が悪い

別荘は自然の中で休養したり観光地に行くために建てられるため、不便な場所にあることが多いという立地条件から、買い手が見つかりにくいです。

費用がかかる

別荘は管理費、住民税、固定資産税と多額の費用がかかります。
維持管理に費用がかかるため、別荘は売れにくいといえるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

今は別荘の需要が増えている!

ご紹介したように、別荘はさまざまな理由があり売却しにくいです。
しかし昨今、別荘の需要が急増しています。
その理由は、田舎暮らし・移住ブームによるためです。
田舎暮らしへの憧れ、リモートワークや二拠点生活などの働き方の多様化が移住ブームの理由と言えます。
別荘はまさに、田舎暮らしの条件が揃った物件なのです。
そのため、別荘を売却するのであれば、田舎暮らしや移住ブームの今がチャンスです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

別荘の売却は居住用不動産と比べると、利益が出た場合に特別控除を受けられない、損失が出た場合に損益通算ができないなど、税制面で不利です。
また、別荘は70年代からバブルの頃に建てられた古い物件が多いため修繕費がかかり、立地条件が悪く、費用がかかるため売却しにくいです。
しかし、今は田舎暮らしや移住ブームで別荘の需要が高まっています。
このブームの今こそ、売却しにくい別荘を売るチャンスと言えるでしょう。
私たちサポートホームでは、北広島市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

柴田範行

部署:不動産事業部 代表取締役

柴田範行が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ