負動産とはなに?相続予定の負動産の処分・放棄についてご紹介

負動産とはなに?相続予定の負動産の処分・放棄についてご紹介

これから、北広島市で不動産を相続する予定がある方なら、ぜひ不動産ならぬ「負動産」について知っておきましょう。
この記事では、負動産とは何か、また負動産の処分の方法や、放棄の方法についてご紹介していきます。
相続したものが自分の負担とならないよう、注意を払ってどうするか適切に判断していきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

相続することも多い負動産とはなにか

負動産とは、所有しているだけでマイナスとなる不動産のことです。
空室の多い賃貸物件・相続した家や土地などは、家賃収入が思うように伸びず、管理費ばかりが出ていくため、所有者の負担となってしまう場合などが該当します。
利用価値や財産的な価値がなくても固定資産税を払い続ける必要があり、なかには空き家となってしまうケースもあります。
空き家も管理していかないと害虫の住処になるなど、ご近所の迷惑となるため定期的に管理しなくてはなりません。
これらの、費用面や手間の面から負担が多い不動産は負動産と呼ばれているのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続予定の負動産を処分する方法

持っているだけでマイナスになるようなものは、できるだけ早く売却して処分することをおすすめします。
不動産会社なら、買い手が見つかるまで待つ必要がなく、買取してくれます。
空き家であれば、空き家情報を提供している「空き家バンク」を利用してみるたり、自治体へ寄附したりする方法も選択できるでしょう。
解体して更地の状態で売ることもできますが、解体前にできることもあるので判断は急がず、冷静に決めるべきです。
不動産を処分する際は、大きな金額が動くため、よく考慮してから決定しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続放棄で負動産の所有を回避する方法

相続には、単純承認・相続放棄・限定承認の3つの選択肢があります。
負動産を手放したいなら、相続放棄を選択すると良いでしょう。
しかし、相続放棄は負動産を手放せるメリットもある一方、プラスの財産があったとしても相続できないので注意が必要です。
相続放棄の手続きは、ご自身が相続できるものがあると知ったときから3か月以内でないとできません。
もし、放棄するにしても財産すべてを放棄してしまうことになるので、それでも良いのかしっかり考えてから結論を出しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続することになる不動産が負動産であった場合、持っているだけでマイナスになってしまうため処分や放棄を視野に入れるのも良いでしょう。
不動産会社に買い取ってもらう方法や、空き家バンクに登録する方法、相続放棄をする方法などがあるのでどの方法がご自身にとってベストか考えてみてください。
私たちサポートホームでは、北広島市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ