家を売却する際に発生する解体費用の補助金制度についてご紹介

家を売却する際に発生する解体費用の補助金制度についてご紹介

不動産を売却する際に「家を解体しよう」と考えている方も多いのではないでしょうか?
家の売却には大きな解体費用がかかるため、できれば補助を受けたいと誰でも思うものです。
この記事では家などの建物を解体する際に利用できる補助金制度やその条件、注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体費用に利用できる補助金とは?

家の売却するための解体費用には、補助金制度が適応可能なケースがあります。
適用できる補助金は老朽危険家屋解体撤去補助金、建て替え建設費補助金、自治体による助成金などさまざまです。
老朽危険家屋解体撤去補助は、老朽化などの影響で倒壊する可能性がある危険建物の除却を促進する制度です。
自治体の認定や耐震診断を受けなくては補助金を受け取れませんが、解体費用の20%から50%を負担してもらえます。
建て替え建設費補助金は老朽化した建物を撤去・除却し、一定の基準を満たす住宅を建てる場合の解体費用・建築費用の一部が補助される制度です。
個別で条件が付けられている可能性があるので、自治体のホームページを確認しましょう。
また自治体によっては耐震性能の足りない建物の除去や、土地の整備をおこなっている場合もあります。
個人で負担する額を少なくするために、あらかじめお住まいの自治体の制度は確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体費用に補助金が適用される条件とは?

先述したとおり、条件や申請方法は自治体によって異なります。
補助金の基本的なルールとして、補助金の申請が下りてから工事に着工することや、年度ごとに決まった申請期限があり、予算と枠が限られていることが挙げられます。
一度工事を着工してしまうと申請できないことがほとんどなので、注意が必要です。
また補助金は年度ごとに予算が組まれているので、年度末までに工事を終えられることが条件の場合もあります。
補助金には審査があり時間がかかるので、年度の初めの時期に申告することをお勧めします。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体費用に補助金を受けるうえでの注意点とは?

家の解体費用で補助金を受けるうえで、注意すべきことがいくつかあります。
まず年度ごとに制度内容が改定されることがあるので、過去の事例を参考にしすぎないという点です。
自治体の審査に出す前に、申告のフォーマットや必要情報、期日などを確認しましょう。
さらに補助金を貰える資格を得たとしても、補助金が実際に支給されるのは工事が完了した後です。
後から支払われるため、受給の時期を確認しておかないと経済的に負荷がかかる可能性があるので、注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

今回は家を売却する際に発生する解体費用の補助金制度について、条件や注意点をご紹介しました。
家を売却するための解体費用には補助金を受けられる場合があります。
補助金を受けるための条件や注意点を把握しておくために、各自治体のホームページを解体前に確認しておきましょう。
私たちサポートホームでは、北広島市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

柴田範行

部署:不動産事業部 代表取締役

柴田範行が書いた記事

売却査定

お問い合わせ