不動産売却時の仲介手数料とは?相場や計算方法についても解説!

不動産売却時の仲介手数料とは?相場や計算方法についても解説!

不動産売却時にかかる費用のなかの1つに、不動産会社に支払う仲介手数料があります。
仲介手数料を支払うことは知っていても、計算方法はわからないという方は多いのではないでしょうか。
今回は不動産売却を検討している方に向けて、不動産売却時に支払う仲介手数料の計算方法や相場についてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に支払う仲介手数料の相場

不動産会社に支払う仲介手数料に相場はあるのか、考える方もいるのではないでしょうか。
結論から言うと、仲介手数料に相場というものはありません。
仲介手数料は法律で上限額が定められており、上限額を超えた報酬を請求することができません。
そして、ほとんどの不動産会社が上限額で仲介手数料を請求するため、上限額が相場といえるでしょう。
そのため不動産売却時に支払う仲介手数料を知るためには、仲介手数料の上限額の計算方法を知ることが必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に支払う仲介手数料の計算方法

仲介手数料の計算方法は次のとおりです。

  • 200万円以下の部分:売買価格×5%
  • 200万円超400万円以下の部分:売買価格×4%
  • 400万円超える部分:売買価格×3%

このように売買価格を分割して出た金額を合計し、消費税をプラスした金額が仲介手数料になります。
ただし、売買価格が400万円を超える場合は、下記の速算式を使うことで、分割しなくても簡単に仲介手数料の計算をすることができます。
仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)×1.1(消費税10%)
なお売買価格が400万円以下の低廉な空き家等を売却した場合は、仲介手数料の計算方法が異なります。
400万円以下の低廉空き家等の取引では、仲介手数料に現地調査などの費用をプラスして、上限18万円+消費税まで請求ができることになっています。
遠方にある不動産売却を依頼した場合、仲介手数料とは別に交通費などが請求される場合もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の仲介手数料は何のために支払う費用?

仲介手数料とは、不動産の売買契約が成立した際に支払う成功報酬で、契約が成立しなかった場合には支払う必要がありません。
また複数の不動産会社に売却を依頼していた場合も、取引を成立させた会社のみに支払うことになります。
仲介手数料は不動産会社への報酬の他に、物件の調査費用、広告掲載費、内覧などの現地案内、売買契約書の作成などの業務に関する費用も含まれています。
仲介手数料を支払うタイミングは売買契約成立後で、契約時に一括で支払う方法や、決済時に一括で支払う方法、契約時と決済時に半分ずつ支払う方法などがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

仲介手数料とは不動産売買が成立した際に、不動産会社に支払う成功報酬です。
仲介手数料には相場がなく、法律で定められた上限額を支払うことが一般的であるため、上限額の計算方法を知ることが大切です。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

柴田範行

部署:不動産事業部 代表取締役

柴田範行が書いた記事

売却査定

お問い合わせ