不動産売却におけるインスペクションとは?メリット・デメリットや費用を解説

不動産売却におけるインスペクションとは?メリット・デメリットや費用を解説

現在、不動産売却において「インスペクション」の重要性は高くなっています。
みなさんは不動産売却前におこなうインスペクションの意味や、そのメリット・デメリットについてご存じでしょうか。
本記事ではインスペクションについてメリット・デメリットとかかる費用について解説します。
不動産売却を考えている方はぜひ最後までご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前におこなうインスペクションのメリット・デメリット

まず、インスペクションとは不動産の専門家が売却する前に建物の状態を診断し、アドバイスなどをおこなうことを指します。
では、インスペクションにはどのようなメリット・デメリットがあるのか確認してみましょう。

インスペクションのメリット

インスペクションの最大のメリットは売却後のトラブルを避けられることです。
専門家によるインスペクションの実施により、売主と買主のどちらとも物件の状態を理解したうえで取引をおこなうことができます。
その結果、引渡し後における売主が把握していなかった瑕疵が見つかるなどの不測のトラブルを予防することができる点が一番のメリットと言えるでしょう。
ちなみに瑕疵とは、建物に隠された傷・欠陥のことを言い、不動産売却においては売主が気付かなかった欠陥のことです。
万が一、引き渡し後に瑕疵が見つかると買主から売主へ契約不適合責任が問われ、損害賠償請求や追完請求より修理するよう求められる場合もあり、売主は売却後も安心できません。
不動産の欠陥は不動産の専門家でないと事前に見極められないことが多くあります。
インスペクションを用いることでそのような欠陥を事前に見つけることができ、修理をすることでトラブルを避けることができるのです。

インスペクションのデメリット

インスペクションのデメリットは費用がかかることです。
インスペクションは専門家により細部までおこなわれるため検査費用がかかります。
ただし、具体的な金額については後ほど解説しますが、それほど高い金額ではありません。
トラブルを避けることができるメリットが大きいので、基本的にインスペクションはおこなって損はないでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前におこなうインスペクションにかかる費用

インスペクションは不動産会社や地域によって金額が変動しますが、一般的には5万円程度が相場となっています。
ドローンで屋根の状態を確認するなどオプションもあるため、どこまで検査するかをしっかりと決めておきましょう。
また、検査時間は1~3時間程度で報告書を受け取るまでが1週間程度です。
費用、時間ともにそこまで負担がかからないので、ぜひ不動産売却前のインスペクション実施をご検討してみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

本記事ではインスペクションのメリット・デメリットとかかる費用について解説しました。
インスペクションは基本的におこなっておいて損はありません。
インスペクションの実施を考えたことがなかった方は、ぜひこの機にご考慮ください。
私たち「サポートホーム」では、北広島市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

011-838-8301

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日

柴田範行

部署:不動産事業部 代表取締役

柴田範行が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ